ホームダイエット ≫ 健康診断結果公開!ダイエットと病気の関係

健康診断結果公開!ダイエットと病気の関係

健康診断

先日、仕事場で健康診断がありました。

5年前のダイエットする前の結果をみて、ビックリしたことがあります。
この体重にして、なるべくして病気になったと痛感しました。

実際の健診結果も公開しちゃいますね。

スポンサーリンク


あさぎのダイエットは、今から5年前に病気で入院し、その後にチャレンジした所からはじまります。

いまから7年前の平成20年頃からジワジワと太りだし、平成22年の秋の検診では体重が激増しています。この後、くも膜下出血を起こして入院という事態になります。

1ヶ月の入院期間があり、退院後体重は7kg減。ほぼ筋肉が落ちた状態です。

その後、家での普通の生活になると、また、じわじわと体重が増えてきました。生活習慣は何もかわっていないので、増えるのが当たり前ともいえますよね

これではいけないとダイエットをスタート。半年後10kgの減量ができました。

あさぎの健康診断結果公開



健診結果
ちょっと見にくいですが、一番左が体重が増えていた時期で、病気になる前です。(72.9kg)
そして、2列目が病気のあと(65.4kg)
3列目がダイエットスタート直後(64.7kg)赤丸の所です。
4列目がダイエット後(54.8kg)
やれば、できるもんです。

この写真の下半分がコチラ

健診結果2
一番左の体重が増えていた時期はLDLコレステロールとトリグリセライドが↑がついています。
要注意項目になっていました。

ここで、見てほしいのが、体重の減少とともに、コレステロール値や中性脂肪といった体の中の脂質が改善しているということです。

一番体重が増えていた時期は、心電図も要注意とひっかかっていました。数値には表れていなくても、肝臓も脂肪がまわりにつく脂肪肝の前兆もあったかもしれません。

このことから、体重と健康の関係がみえてきます。

体重が増えていると、体の中の脂肪も多くなるので、血中脂質の数値があがるということ。

この血中脂質というのは、食べるものに影響する値なのです。毎日食べているものが、結果として現れてきます。
あさぎの場合は、お惣菜が増えていたり、揚げ物が多くなったり、外食する機会がふえたりということが思いあたります。

ダイエットで体重を落としてから5年後の今、そのままの体重を維持しているといいたいところですが、ちょっと増えてきちゃいました(反省)。

そこで、もう一度しめなおす意味で問題点の洗い出しをしました。

あさぎのダイエットチェックポイント


食べる(体へエネルギーを取り込む)
・おやつの食べる量がふえてきていないか
・外食が増えていないか
・お惣菜の頻度は増えていないか(多くても週1回)

◇使う(体の中でエネルギーを消費する)
・運動をしているか
・お風呂を毎日時間をかけて入っているか
・睡眠時間をしっかりととっているか

◇習慣
・車の中でおやつを食べていないか
・コンビニに行く日が増えていないか

こうして自己チェックをしてみると、
おやつの量の問題
運動・睡眠が不足
コンビニに行く
この3つが問題のようです。

私は、仕事場で倒れたので、又倒れるということだけはさけたいです。

徐々に体自体が衰えてくる年代なので、自己管理でここからの健康管理に注意していかないといけませんね。

ぜひ、あなたもセルフチェックしてみてくださいね。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示