ホームあさぎ式ダイエット ≫ ダイエット中のおやつの食べ過ぎからわかった大事なポイント

ダイエット中のおやつの食べ過ぎからわかった大事なポイント

ダイエット

ダイエット中に食べすぎて後悔することってありますよね。あさぎも先日、ちょっとおやつを食べすぎました。

もちろん対応策を実行したのですが、これが食べたい欲望との戦いでした。ホント大変(^^;)

スポンサーリンク


おやつを食べ過ぎちゃった



仕事場で、お正月の鏡餅の残りをあべかわ餅にして出してくれました。
(お餅を柔らかくゆでて、砂糖で味付けしたきなこをまぶしたお菓子です。)

あべかわ餅

この時、なんとお餅が2個!さすがにこの誘惑には勝てませんでした。2個ともペロリといただきました。

餅1個50g×2個→236kcal・糖質52.5g
砂糖大さじ1としてカロリー274kcal・糖質62.5g
ほぼ一食分以上の糖質量ですね。

でも、ダイエット中だしヤバイな~という意識はあったんです。そこで、どうしようかなと思案しました。

おやつを食べ過ぎた時の対策その1


おやつを食べすぎたら、どうしますか?

歩きに行く?
体を動かして消費するのが、良いのですが、30分歩いても、100kcalも消費されません。2時間以上は歩かないといけないようです。現実的には仕事中ですし、無理でした。


おやつを食べ過ぎた時の対策その2


夕食の食べる内容で調整する。

食べ過ぎた日の夕食は、まず揚げ物などのカロリーの高いものは避けるようにします。あっさりと和食がオススメです。今の季節だと、鍋もオススメです。

結果的には、夕食のごはんをぬきました。いつもは、必ず主食も少量は食べるようにしていますが、あべかわ餅の威力がすごそうで、ごはんを無しにしてみました。

結果を先にお話ししますね。
体重は、減りました。400g程度ですが、増えなかったという結果でした。じゃあ、ごはんを毎日抜けばいいんじゃないかと思いがちですが、あさぎのダイエットの基本は「必ず主食は食べる」ということです。
これをあえて、曲げたのは、あまりにもおやつでカロリーを摂りすぎたから。でも、食べたい欲望との闘いでしたよ。


夕食で調整することのデメリット


いくらおやつをしっかり食べても、夕食前には、おなかがすいてきます。

15時にあべかわ餅を食べて、それ以降は何もたべませんでした。それでも18時頃になるとお腹がすいてきます。19時に夕食を食べましたが、控えめの量なので、21時頃にはなんだかもうお腹がすいてきちゃいました。

寝るのは、1時くらいです。夕食後から4時間、誘惑にまけて何かをつまむと、なしくずしに体重がふえていきます。食べないための強い意志が必要でした。


食べたい欲望との戦いです。

夕食でおやつの食べ過ぎを調整するポイント


★いくらおやつを食べすぎても夕食にお腹はへると知っておく
★夕食で量を調整すると、夕食後すぐに何か食べたくなる
★食べることの我慢のストレスが大きいと知っておく
★翌日の朝に反動で食べすぎないように注意する


夕食後に何か食べたくなった時の対処方法


〇あったかいブラックコーヒーを飲む

それでも、まだ何か食べたい時は
〇あったかいお茶を飲む
〇お吸い物を飲む

あったかいものを胃にいれると、しばらくは空腹を忘れます。それでも我慢ができないときは、お出しのきいたすまし汁も効果的です。


まとめ


今回の経験から、やっぱりおやつを制限して、3度の食事はしっかりと食べたほうが、ダイエットは長続きするんだと実感でした。

★1回ずつの食事は、きちんと食べる
★おやつは食べすぎない
★夕食後は食べない

まずこの3つをもう一度肝に命じておきます。



関連記事

コメント













管理者にだけ表示