ホームよもやま話 ≫ 東京駅でヘルシー弁当を選ぶための3ヶ条~今回は選んだのはコレ!

東京駅でヘルシー弁当を選ぶための3ヶ条~今回は選んだのはコレ!

この時期、旅行に行かれる方も多いようですがあさぎも一泊で東京へ行ってきました。
帰りの新幹線でお弁当を買ったのですが、これが色々大変!

もちろん、ダイエットの文字を頭において選んでみたお弁当と、もう少しこうすればよかったな~という反省も聞いてください。

スポンサーリンク

東京駅を旅行や仕事で利用する方も多いですね。
実際に10時頃に東京駅でお弁当を買おうと思ってさがしてみました。もちろん、ネットでちょっとでも参考になればと思って探してみたのですが、これが又ややこしい。

今回選んだお弁当はコレ


今回は、野菜を食べられるお弁当をチョイス
【秋のたっぷり野菜弁当】
駅弁秋

お品書き
・いろいろ野菜の南蛮黒酢あん
 (さつまいも・なす・蓮根・筍・人参・ピーマン)
・里芋田楽
・ひじきとくわいのサラダ
・煮物
 (舞茸・かぶ・春雨入り巾着・銀杏・いんげん・人参)
・きのこと人参のきんぴら
・マンナン入りごはん
 くずもち(南爪あん)

駅弁秋なかみ

栄養価
エネルギー 478kcal
たんぱく質  8.8g
脂質      9.8g
炭水化物   88.6g

ごはんにマンナンヒカリが使われています。
(※マンナンヒカリはこんにゃく生まれの米粒状加工食品です。お米と混ぜて炊飯すればカロリーコントロールが期待できる食材として注目されています。)

このマンナンヒカリ入りのごはんを使うことで500kcal以下の栄養価になります。味や食べた感想は全く違和感のない普通のごはんでした。

わざわざお弁当で、ダイエット食品を使いたくないと思う場合もあります。その場合は野菜の多めの弁当でご飯を半分残す方法がオススメです。

お弁当はカロリー抑えめで、スイーツを食べたいという場合には、今回のようなお弁当も良いかなと思いました。
できれば、おかずをチョイスできる総菜弁当にサラダとおにぎりという組み合わせを食べてみたかったですね。

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

1 どんな種類のお弁当がオススメ?


お弁当を売っているお店では、店内にたくさんの種類のお弁当があります。そこは、とにかく早く買うということが大きな目的なので、あまりこだわって選ぶ場所ではなかったようです。それでも、大きく4つに弁当が分類されます。
①普通のご飯とおかずの弁当
②お寿司
③丼
④サンドイッチ

①お弁当
内容によってカロリーは大きく違いますが、野菜が一緒に食べられるものがオススメです。あとは自分の適量のご飯の量に近づけるための調整が大事です

②お寿司
寿司はほぼ糖質なので、あまり調節ができません。ただでさえ食べる量がふえる旅行中なので、できればここは避けたい種類です。

③丼
これも、ごはんがメインとなってくるので、ご飯を残すと、満腹感が乏しくなります。ちょっと難しい選択です。

④サンドイッチ
かつサンドが人気のようです。意外とカロリーは高いです。カツサンドが3つくらいのセットなら400kcal程度ですが、ぜひサラダも一緒に食べたいところです。

2 東京駅でお弁当を買うならどこで買う? 


東京駅の構内図は、ネットで公開されていますが、あれをみてわかる方は少ないのではないでしょうか。
実際にJRの東京駅に入ると、あまりの人の多さに何がなんだかわからなくなります。

東京駅の1階にお弁当のみを集めて売っているお店があります(駅弁屋祭)。ここでたくさんの方が利用しているのを見ると、とりあえず早く買わなくっちゃと、あせります。

実際、あさぎもここでお弁当を買って、ちょっと後悔しちゃいました。

実際に東京駅構内をウロウロして、見つけました。
地下一階のグランスタで買うのがオススメです。いろいろなお店が集まっているストリート状態になっているので、見やすく選びやすいです。あさぎがほしかったサラダやちょっとおしゃれなお弁当もここにありました。

3 旅行中は歩くから、ちょっとくらいたくさん食べても大丈夫? 


これは、ノーです。実際いつもよりたくさん歩きます。あさぎも1万歩は歩きましたが、カロリーで300kcal程度にしかなりません。ちょっとスイーツを食べるとこれ以上食べてしまいます。

どうしてもいつもより、たくさん食べることになりがちです。せっかくの旅行だからといってあまりフリーにしてしまうと、増えた体重を戻すのが大変!
①食事(お弁当)は
ダイエットのことも頭の片隅において、極力ごはんの量が調節できるものを選んで、食べ過ぎない注意が必要です。

②飲み物は
カロリーのないものにします。お茶かお水かブラック珈琲で。

③スイーツ(甘い物)
どうしても疲れるので、休憩するときに食べたくなります。できるだけ回数をふやさないように。
~☆~☆~☆~

せっかくの旅行なので、ランチに気をつかったら、スイーツはOKというようにしてもあさぎはいいんじゃないかなと思うのですが、いかがでしょうか。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示